【フリゲ雑記】にゅたろぐ通信-vol.1-『フリーゲームと僕』

説明しよう!ヽ(•̀ω•́ )ゝ

にゅたろぐ通信とは、紹介記事の更新の間隔が空きすぎてしまわないように、
ちょくちょく入るかもしれない、簡単に言えば緊急手段である!

にゅたろぐ通信の第1回目では、僕がフリーゲームを好きになるきっかけになった作品の
感想を書きつつ、どうでもいい事を交えながら、のんびりお送りしていくぞ!

注意点として、この記事はフリーゲーム紹介というより、感想を織り交ぜた
昔話みたいなものだ!

致命的なネタバレはしないように気を付けるが、多少のネタバレは勘弁してくれよな!
目次に、未プレイの作品がある人は、飛ばしてくれて大丈夫だぜ!

あと、今からすっげー大事な事を言うから、絶対に聞いてくれ!

この喋り方、限界です(´▽`) ‘`,、’`,、

スポンサーリンク

にゅたろぐ通信を始めようと思った訳

フリーゲーム紹介記事の作成って、僕の場合、大体5~10時間ぐらいかかるのです。

本文を書き始めちゃえば、1時間ぐらいで終わるのですが、
準備にすごく時間がかかるのです。

どんな構成にしようかなぁ、どのスクショ使おうかなぁ、チャーハン食べようかなぁ、
お風呂入って100まで数えようかなぁ。

どれ一つとして欠けてはならない準備期間を経て、やっと1つの記事になります。

フリーゲーム紹介記事のクオリティを下げないためにも、にゅたろぐ通信を織り交ぜながら、
のんびり運営していきたいな、と思います。

紹介と違って、徒然なるままに書き上げていくので、
1時間もかからずに1本できそうな気がしますし♪

まぁ、この記事を書かなければ、1時間の余裕は出来ますが、更新の間隔が空いちゃうと、
ちょっと寂しい感じになっちゃいますからね~。

特に記事数が少ない内は(・∪・)♪

・・・なので、ちょくちょくはさんでいきま~す!

『ナルキッソス』から始まったフリゲ道

ナルキッソス

お姉ちゃん。やっと見つけたよ!私のフリゲ道!

超有名ノベルゲームです。
初めてプレイしたのはガラケー版でした。

ナルキッソスをプレイする前にも、RPGを中心に、主にガラケーでフリーゲームを
遊んでいたと思います。

ざっくり言うと、
『病を患った男女が、残された僅かな時間に何を考え、どういう結末を歩むのか』
という感じの、切なくて悲しいストーリー。

ほんと、ずーっと、切なくて悲しいのですよ。

胸の大きな傷跡

あかん( ;∀;)

それが答えなんだと思う

泣いちゃう( ;∀;)

ナルッキソス1もプレイ可能な『ナルキッソス2』が、無料でダウンロード出来ますので、
気になる方は是非やってみてください!

1→2→1 とプレイするのがおすすめです。

ナルキッソス1は、早い人なら1時間半ぐらいで読めると思うので・・・・・・

是非! 是非!!

『らんだむダンジョン』気付いた時にはハマってた

ナルキッソスに出会ってからは、フリゲといえばノベルゲームを主にプレイしていました。
今思えば、当時はそんなにフリゲ大好きー!という感じでもありませんでした。

どっちかというと、普通に本が好きなだけだったのかな、と思います。
このゲームに出会うまでは・・・・・・

らんだむダンジョン-ステータス画面

らんだむダンション!!

装備を手に入れて起きる、宿屋でのイベント。
これが、楽しくてダンジョン探索をやめられない!
時間を忘れてのめり込みました。

入手したアイテムの説明文とかも本当好きで、アレだけでチャーハン12杯はいけます。

ここからですね~

あれ? PCフリーゲームのRPGって面白いじゃん!
他にも探してみよう! ってなったのは!

らんだむダンジョン→月夜に響くノクターン Rebirth→巡り廻る。とか・・・

現在、『フリーゲーム 名作 RPG』と検索して出てくる作品は、大体やったと思います。
うぉー! アレも! コレも! 全部面白いっ! RPG以外も色々やってみよう!! と、
どんどんフリゲの魅力にとりつかれていきました。

『洞窟物語』聖域TAがやめられない

洞窟物語-スタート直後のトゲ

このスタート地点を出てすぐのところにあるトゲ
このトゲのせいで、5回ぐらいやり直すハメになったのは良い思い出です。

これね、左に行った後、帰りにもう一回通るのですが、
そのタイミングで刺さると泣けます。

あと1回刺さってたら、僕は今でも、このゲームの魅力に気付いていなかったかもしれない。

オレ コノトゲ キライ

でも、それを乗り越えたら、すぐに面白くなっていきました。

また、全クリすると、隠しダンジョンにいけるのですが、
これのクリアタイムを短縮させる事に、一時期必死になっていました。

この隠しダンジョン・・・・・・ まず、普通にクリアするのが難しいのです。
アレやコレやと試して、1秒でも短縮できた時の喜び!
あの感動は、今でも忘れられません。

レトロゲーム好きな方には、是非ともおすすめしたい!
ストーリーもしっかりしていて、素敵ですよ!

まだ書きたいけど・・・

気が付けば1時間経っていました。
続きは、次回のにゅたろぐ通信で語るとしましょう。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました♪
ではでは、またの機会に!

次回予告

オッス! オラにゅたろ!
亀仙人のじっちゃんとこで修業することになったぞ!

ひゃーっ! オラワクワクしてきたぞ!

えっ? フリーゲーム?
でーじょーぶだって!

それなら、クリリンのやつが何とかしてくれっから!

次回、にゅたろぐ通信 第弐話!

『見知らぬ、天井』

この次も、サービスサービスぅ!

スポンサーリンク