【フリゲ長編RPG】2017年の隠れた神ゲー!『ファイナル☆タカノマサ』

第一印象は『カオス!』でした。とはいえ、カオス具合が好みだしシリアスが無くてもいいか、このままやってみようと……序盤の展開だけで判断した、あの日の自分が恥ずかしい!

皆さんも騙されないでください。『ファイナル☆タカノマサ』はギャグだけではありません。エグイほど泣けます。しかも何度も!

フリーゲーム『ファイナル☆タカノマサ』タイトル

デンジャラス星の侵略により、未だかつてない程の危機に瀕した地球。ある少女との出会いをキッカケに、全身黒タイツの謎の男『タカノマサ』が時代の渦に飲み込まれてゆく……

『ファイナル☆タカノマサ』は、YOSHIOさんが制作された長編RPGのフリーゲームです。クリアまでは、テキスト全読みの実況プレイで24時間程度でした。普通にプレイすれば、おそらく15~18時間程度でクリア出来るのでは、と思います。

難易度は普通です。サブイベントが多く存在するため、全てを探しながらプレイすると更に長く楽しめます。

戦闘はランダムエンカウント方式で、エンカウント率はファミコン世代感覚だと普通です。一般的なフリゲRPGと比べると少し高めかもしれません。

ただ、最後までプレイした感じでは、特に苦にはなりませんでした。というのも、戦闘バランスがとても良く、戦闘が楽しかったので♪

ではでは、2017年の隠れた神ゲー! フリゲ長編RPG『ファイナル☆タカノマサ』の魅力をお伝えしていきます♪

スポンサーリンク

99パーセントがギャグ? ……でも泣ける!

タカノマサ

『ファイナル☆タカノマサ』では、仲間キャラクターに限らず、モブキャラから敵キャラ、果てはアイテムまで! そのほとんどが、とてつもなく強い個性を持っています!

看板

旅の途中で、立て札に話しかけられたり……

CAT

迷子になっていたら、猫がアドバイスをくれたり……

ミート

肉への愛がハンパない人に出会ったり……

おさかな

おさかな要素ゼロの蜂と戦ったり……

アイテム

鉄パイプで傷を癒したり……

ほぼ全て! 99パーセントが個性の塊で出来ており、ツッコミどころ満載です。シリアスな雰囲気になっても平気でギャグが飛び交う事もあります。

本当にギャグとシリアスが交差するRPGなの? 泣けるの? そう思った貴方、安心してください。僕も最初はそう思いました。ですが、ゲームというジャンルに限らず、どんな作品よりも……間違いなく一番泣きました!

抜群のタイミングで訪れる圧倒的シリアス!

ギャグとシリアス

かなりアバウトですが、ちょっとグラフを書いてみました。ピンクの矢印から上がギャグ、下がシリアスとお考え下さい。基本的には常に全力のギャグです。皆さんの考える5万倍ぐらい『ファイナル☆タカノマサ』というRPGはギャグで出来ています。

しかし、物語が進むにつれて、序盤の流れが嘘のようにシリアスの割合がどんどん増えていき、さらにとてつもなく強めのシリアスへと変化していきます。

寸前まで凄く笑っていたのに、急に泣かされます。そしてまた笑わされます……と思ったら、また泣かされます。不思議な感覚ですが、笑いながら泣く事さえありました。

とにかくギャグとシリアスの緩急の付け方が半端ないです。ここまで巧みに使い分ける作品を、僕は他に知りません!

凶悪なモンスターと肉体のこすり合い!

戦闘シーン

RPGの醍醐味といえば戦闘です。長編RPGであれば、なおの事です。『ファイナル☆タカノマサ』の戦闘は、MP技やTP技を駆使しながら戦っていきます。また、大技を使用するとカットイン演出が入り、戦闘を盛り上げてくれます!

絶妙な戦闘バランス

西くんカットイン

雑魚戦をあまり逃げないのであれば、レベル上げのための時間をとらずともクリア可能です。危ないシーンは何度かありましたが、最後まで戦闘で全滅する事はありませんでした。ですが、とても緊張感のある戦闘を何度も楽しめました。

『ファイナル☆タカノマサ』はボスの体力が少し高めです。対策の分からない初見だと、倒すのに結構時間がかかるかもしれません。でも決して長すぎないそれが、とても楽しかったです♪ 達成感が気持ちいい!

サブイベントが盛り沢山!

わらしべ長者

『ファイナル☆タカノマサ』には多くのサブイベントがあります。冒険に役立つアイテムが手に入る事もあるので、色々探してみましょう!

電球マークは相談の合図!

相談

メニュー画面

メニューから『相談』を選ぶ事で会話イベントが始まります。キャラクターの頭上に『電球マーク』が表示された時は、相談が更新された合図です。独り言や仲間との会話等を楽しみましょう。冒険のヒントをくれる事もありますよ♪

※電球マークが表示されなくても相談内容が変化する事があるので、全部見たい人はこまめにチェックしましょう!

プレイしてみようかな! その前に!

出会い

『ファイナル☆タカノマサ』は間違いなく神ゲーです!

シリアスは沢山の人がきっと泣きます。ですが、ギャグは前知識が無いとおそらく人を選びます。なので、一人でも多くの人が最後までプレイしたくなるように、少し書かせてください。

『ファイナル☆タカノマサ』ではベタやシュール、下ネタや新喜劇的なノリ等、様々な笑いが存在します。笑いの好みは人それぞれ違いますので、作品を楽しむ上で全てのギャグを笑いにいく必要は無いと思います。

というか、テキストの99%はギャグなので、『俺を笑わせてみろ!』と全てに対して構えていたら、きっと疲れます。

この世界ではギャグが当たり前の事なので、普通の会話として軽く流しつつ、好きなタイプのギャグが来たら笑う! ぐらいの気持ちで、楽にプレイするのが良いと思います。

特に一人旅をしている序盤は、癖の強い笑いが非常に多いです。しかも、シリアスがほぼありません。もっと言うと、ゲーム開始5分以内に「自分には合わないかも……」と感じる人が、とてつもなく多いだろうな……と予想します。

そうなった方に、にゅたろからのお願いです。その判断をもう少し先に延ばしてください。ここは一つ騙されたと思って、もう少しプレイしてみてください。物語が進むにつれて、この世界の見え方がきっと変わっていきます!

まとめ

やばくないやばくない

2017年フリゲ界に爆誕! ギャグとシリアスが交差する究極のフリーゲーム! 神ゲーという言葉が相応しい長編RPG!

大筋のシナリオは王道でとても熱い内容です。ただし、テキストの大半が他に類を見ない程ぶっとんでいるため、『王道なのに邪道』という凄い作品になっています。

でも、その邪道が実は凄く計算されており、ギャグとシリアスが最高のハーモニーを奏でます。また、沢山のキャラがインパクトの強すぎるセリフを放ちまくるため、モブキャラのセリフまでもが、いつまでも記憶に残り続けます。

にゅたろ的に、もっと多くの人に知ってもらいたいフリーゲーム作品です。隠れた名作、隠れた神ゲーだと思います。是非、皆さんもフリゲ長編RPG『ファイナル☆タカノマサ』をプレイしてみてください。全力でおすすめします!

『ファイナル☆タカノマサ』制作者様のサイトはこちら!

『ファイナル☆タカノマサ』を制作されたYOSHIOさんのブログ『鉄パイプは人を傷つけるものじゃない』はこちら!

※ファイナル☆タカノマサの攻略情報もあります!

http://yoshioironpipe.blog.fc2.com/

フリーゲーム『ファイナル☆タカノマサ』のダウンロード先

ふりーむ!でダウンロードされる方はこちら!

https://www.freem.ne.jp/win/game/15747

RPGアツマールでブラウザ版をプレイされる方はこちら!

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3961